化学変化と質量2発展 2実験で用いたものと同じうすい塩酸

化学変化と質量2発展 2実験で用いたものと同じうすい塩酸。139。中2の理科の問題を教えてください… 画像の図を使って解く問題みたいです (1)うすい塩酸に全て反応する炭酸水素ナトリウムの質量 (2)実験で用いたものと同じうすい塩酸100mlを新たに別のビーカーにとり、炭酸水素ナトリウム5 0gを加えて反応させたときの発生する気体の質量 (3)実験で用いたものと同じうすい塩酸100mlを新たに別のビーカーにとり、炭酸水素ナトリウム8 0gを加えて反応させたときの発生する気体の質量 この3つの問題がどうしても分かりません(′ ω `)。発 気体 , + //表から求められる値を· で記入して。
加えた炭酸水素ナトリウムの質量 // のナトリウム$/$ 本実験
で用いたものと同じうすい塩酸を新たに別のビーカーにとり。 炭酸水素

化学変化と質量2発展。この実験で用いたものと同じ濃度のうすい塩酸にマグネシウムを
いれたとき発生する気体は何か。 炭酸水素ナトリウムにうすい塩酸を加えて
気体を発生させる実験を行った。これについて問に答えよ。ただし。

139.0gの水溶液に1.0gの炭酸水素ナトリウム以下、面倒なので炭酸と書きます。をたすと140.0gになる所、139.5gなので計算が合いません。この0.5gが気体CO2になって空気中に放出された事になります。この事から、塩酸が充分にあるならば、炭酸1.0gに対して気体は0.5g発生します。本題に入ります。炭酸3.0gを入れると1.0gの時の3倍の1.5gの気体が発生する筈です。全て気体になれば139.0+3.0-1.5=140.5g になりますが、実際は140.7g なので全部が気体になっていない様です。と言う事で、気体の質量は、139.0+3.0-140.7=1.3g が発生した事になります。気体が1.3g の時に必要な炭酸は何gか?気体が0.5gで炭酸が1.0gです、気体が1.3gの時の炭酸は何gか?0.5:1.0=1.3:x0.5x=1.0X1.3x=1.0/0.5 X1.3=2.6g2100mLと言う事は2倍になるので、炭酸の質量も2倍となります。2.6X2=5.2g まで全て気体になります。よって、5.0g全てが気体になります。炭酸が1.0gで気体は0.5gです、炭酸5.0gの時の気体は何gか?1.0:0.5=5.0:xx=0.5X5.0=2.5g3炭酸8.0g入れても塩酸は足りないので5.2gまでしか気体になりません。8.0-5.2=2.8g はそのまま残ります。よって、1.0:0.5=5.2:xx=0.5X5.2=2.6g

  • お金をくれ コンビニでレジ前のスイーツか見てるお前早くレ
  • 高校古文本活用と補助活用練習編2 古文の活用で本活用補助
  • ついに復刊 スコット?スミスさんのルインズいう小説原本で
  • 11月のおすすめ 最強の女刑事いえば誰か
  • What&39;s 恐らく1980年代後半のCMで女性人
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です