黒田官兵衛 関ヶ原の合戦中に黒田官兵衛はひそかに九州を平

黒田官兵衛 関ヶ原の合戦中に黒田官兵衛はひそかに九州を平。秀吉がある時、「自分が死んだら誰が天下を取ると思うか。関ヶ原の合戦中に黒田官兵衛はひそかに九州を平定したあと、勝ち残った徳川家康と対決をして天下を取りにいく野心があったと聞きますが、 そんなこと現実的に可能だったのでしょうか どちらに転んでもいいように保険に官兵衛は息子の長政を東軍の家康方に参戦させています 唯一つ誤算だったのが、天下分け目の関ケ原の決着が早すぎたとのこと 長引けば九州平定後に中国と四国も制圧して徳川と対峙する予定だったとのことですが、仮にそうだとして官兵衛は家康に勝てるでしょうか 家康の方が官兵衛よりも一枚も二枚も上手ではないですか 黒田。関ヶ原の合戦中に黒田官兵衛はひそかに九州を平定したあと。勝ち残った徳川
家康と対決をして天下を取りにいく野心があったと聞きますが。 そんなこと現実

軍師。黒田官兵衛と九州織田信長。豊臣秀吉。徳川家康という人の天下人に仕えた
黒田官兵衛孝高。に家督を継ぎ。翌年には嫡男の長政をもうけました。
年。毛利輝元と織田信長が勢力を拡大するなか。信長に味方するよう軍列
の後陣で敵襲に備える殿軍を担いました。 年から始まった九州平定では。
島津義久の軍勢との戦いで勝利に貢献。実は天下取りの野心を抱いていたとの
見方があり。関ヶ原の戦いで困憊した徳川軍を一気に攻める手はずを整えていた
とか。黒田官兵衛。· 黒田官兵衛こと如水 息子の 長政 を東軍として関ヶ原に送り出した如水は
。朝鮮出兵での失態で改易され再興をの合戦中に黒田官兵衛はひそかに九州を
平定したあと。勝ち残った徳川家康と対決をして天下を取りにいく野心があっ

息子よ。なかでも。予想に反して怒られる。そんな時ほど惨めなものはない。黒田孝高
よしたか。通称「官兵衛かんべえ」の息子である。黒田長政ながまさ
である。すっきりと。徳川方と豊臣方のつにキレイに分かれた戦いであっ
たならば。これほどまで。後世で注目される東軍は。もちろん徳川家康を筆頭
に。次の天下人は家康だと踏んだ戦国武将がズラリ。これまで共に戦ってきた
軍に。突如反転して襲撃する方法もあれば。不作為を貫く場合も。「九州。秀吉の天下統一を支えた軍師?黒田官兵衛。関ヶ原の合戦の際に。金で集めた兵
を使って九州をほとんど制圧してしまう。天下を狙う野心があったともいわれる
。その真実とは。 秀吉は天下取りを支えた軍師?黒田官兵衛が。自分の死後に

第36回。左から黒田官兵衛。豊臣秀吉。徳川家康。織田信長 歴史とは生き残った勝者
が描く。さらに後世の者がそれにしかし。黒田官兵衛が実在し。官兵衛の長子
。黒田長政が。年慶長年の関ヶ原の戦いの功により。 徳川家康から
筑前黒田官兵衛。官兵衛。勘解由次官かげゆのすけ。入道号は如水。円清 如水軒円清と署名し
ている。小沢川附近では相当な激戦があり木曽の武将であった村井。広野の
諸氏が戦死した。信濃攻略を進めていた信玄は木曽義仲を祖として木曾谷に
君臨していた木曾氏を軍門に下らせた後義昌に三女の真理姫を嫁がせ親族衆
として信長に臣従を伝えるため岐阜へ行く。1580年, 天正8年, 黒田
官兵衛は豊臣秀吉の家臣となる。55歳, 関ヶ原の戦いで東軍徳川家康が西軍
石田三成を下す。

秀吉がある時、「自分が死んだら誰が天下を取ると思うか?」と近臣の者たちに聞いたら、近臣たちは「前田利家殿だろう」とか「徳川家康殿だろう」とか「毛利輝元殿だろう」とか、大身の大名たちの名を挙げて答えたそうです。すると秀吉は苦笑いして「おまえたちはまったく人を見る目がない。オレが死んだら黒田が取るわい」と言ったところ、近臣のひとりが「そうおっしゃても、黒田殿はわずか12万5千石の身代、どうしてさようなことができましょう」と聞き返しました。すると秀吉はこう言ったといいます。「そこが、おまえたちの知恵が足りないところだ。小身ゆえに天下が取れないというのなら、このオレはどうだ、小者という小身から成り上がって天下を取ったではないか。おまえたちは知らないだろうが、黒田の知恵は底が知れないのだ。うまい具合に力のある大名に天下取りの戦をさせておいて、まさに天下がその者の手に落ちようとする時に、横合いからちょろっと自分のものにしてしまうことは、黒田にとって何でもないことなんだ」九州を平定したら東に攻め上って徳川と石田の合戦に一枚加わって天下を争う。九州での順調な勝ち戦に官兵衛の夢は途方もなく膨れ上がりました。しかし関ヶ原の戦いはわずか一日で終わっていて、徳川方の勝利になったことがわかると官兵衛はさっと九州での戦いを止めています。官兵衛が臨終の間際、子息の長政にその時の心境をこう語っています。「たったひとりの息子だけれど、おまえを見殺しにして天下取りの賭けをしてみようと思っていたのだ」黒田官兵衛が天下を狙っていたとか、息子の黒田長政に?家康公と右手で握手したときに左手はどうした??と言ったと言うのは作り話だそうです。実際には関ヶ原の合戦が起きる前から日本各地で西軍対東軍と言った感じの戦が起きていました。黒田官兵衛は東軍の徳川に着いた訳で、西軍側の周辺大名を攻めていた。そして関ヶ原の合戦が終結したときは、徳川家康に関ヶ原の合戦中に平定した場所だけを黒田家の領国にして下さいと言ったと記録に残ってるそうです。全ては貴方の言う『唯一の誤算』で決まりました。平素はケチであった黒田官兵衛は居城である中津城に財を貯めこんでいました。この時ばかりと、これを使って兵をかき集め、平定軍を組織しました。九州からは多くの精鋭が関ヶ原に行っていましたら、思いのほか楽ではなかったかと思います。しかし、天下分け目の関ケ原の戦いは一日で決着がついてしまいました。西軍が大垣城に本陣を置いて立てこもっていたら、間違いなく長期戦になっていたと思います。そして、両軍が疲弊していったと想像されます。黒田官兵衛はこれを狙っていたと思います。一日で決着がついてしまった以上、もはや家康に対峙することは出来ないと判断せざるを得なかったと思います。家康には『九州の地ならしをしておきました』と心にもないことを言っています。家康も『油断のならぬ奴』と思ったに違いありません。兵力を温存させて敵に圧勝するには、野戦に引きずり出して、裏切りを誘発させるのがベストな戦略だったと思います。その後、送れながらも精鋭の秀忠軍が到着しましたから、もう家康には不安は全くなかったと思います。最後に一言。戦後長政が自慢げに自分の戦功を家康に褒められたと言った際、『その時、左手は何をしていた?』と問われたと言う逸話があります。気概は官兵衛も負けてはいなかったと思います。西日本に400万石程度の超大大名として君臨する。徳川の指図は、気に入ったに受けるが気に入らないなら無視。もちろん、それは作り話です。黒田家の家臣が、藩祖である黒田官兵衛の偉大さを宣伝する意味で、広めた風説に過ぎません。ただ、合戦が長引けば、何が起きるかわからないと、歴戦の戦争名人としては思っただろう事は、想像に難くありません。だから、空き城同然の周辺の諸城を攻めとって、万一の事態に備えておこうと思ったのでしょうその説は法螺だと考えてよいと思います。黒田如水の挙兵は岐阜城陥落で形勢が東軍に傾き始めてからであり、家康と示し合わせてのものです。その後、西軍の攻撃を受けていた細川忠興の飛地である杵築城を援護し、豊後を奪還に来た西軍の大友義統を石垣原の戦いで破ります。この日が関ケ原の合戦の2日前。俗に黒田官兵衛は九州の大半を征服したと言われますが、自力で攻略したのは、豊前豊後ぐらいまでで、このあたりは黒田家を除けば10万石以下の大名しかいません。あとは関ケ原の合戦の情報が伝わり、この情報をネタにして西軍や日和見の大名たちを東軍に引き込んでいきます。35万石の鍋島直茂や小早川秀秋、20万石の加藤清正ら大大名は、如水を盟主と仰いだわけではなく、自らの判断で家康に与党したものです。また、13万石の立花宗茂や毛利秀包は、上方から帰国した関ケ原の合戦の結果を知る者たちで、戦役の趨勢を知っているから降伏したのです。つまり、黒田如水の九州制覇の実態は、関ケ原の合戦の結果を受けて、西軍や中立大名が一斉に東軍に鞍替えしたオセロ現象であり、関ケ原の合戦なくしてはこのような戦果は望めないものでした。如水が果たした役割は、東軍の九州方面の軍目付ようなものです。如水は毛利家との取次の経験から吉川家と交流があり、西軍挙兵後は吉川広家と書簡をやり取りしながら、切り崩しを行っていました。広家の内通を取り付けたのが長政であり、親子で連携していたと考えてよいと思います。ご質問通り、表高12万石加増で18万石の黒田家が独力で九州の覇者となるというのは現実的ではなく、出来たとしても何年もかかったでしょう。如水と長政の親子は、家康に天下を取らせることで恩賞に預かるという方針で動いていたと思われます。関ヶ原の戦い?の際、黒田如水は九州を平定したあと、中央で勝った者と決戦して天下を取ろうと考えていた、という話は、吉川広家にだした手紙に自分でそう書いている、というのが根拠になっています。「関ヶ原が長引けば、ワシは九州を平定し、その兵力を率いて、中央の覇者と決戦するつもりだった。それなのに、おまえさんが余計なことをしてくれたおかげで、関ヶ原は一日で終わってしまい、ワシは天下を取り損ねたわい」。はい、本人が堂々と言ってます。でもね。常識で考えましょう。ホントにそんなこと考えてたら、そんな、手紙に堂々と書き残すかなあ?これは、誰が読んでもジョークとして通じる、と見切ってるから言える大法螺です。もし、こんなこと言ってるぞって家康の耳に入ったとしても、「あのジジイ、まだそんな大風呂敷を」と苦笑いされるだけ、というのを読みきってるから、こんなことが書けるんでしょう。戦国生き残りのじいさんの法螺話を、いちいち真に受けるもんじゃあない。 これは、いわゆる「武勇伝」です、デデデデンデン、レッツゴーっていう、あれです。黒田官兵衛というのは、かなりヒトを食った、トリッキーでお茶目な人物だったんじゃないかな、と思います。特に、晩年は。とうの昔に隠居して、福岡の黒田家とは関係ない。別に隠居城をもらって、悠々自適、天下御免。あの官兵衛じゃあ、しょうがない、いわせておけ。晩年の如水は、こういう法螺を吹いても許されるようなポジションを確保していた、っていうふうに、読んだほうがいいんじゃないのか。そう考えると、なんか、面白い人物だなあ、と思うんですけどね。関ヶ原って家康も秀頼のためって戦ってるんだけど?ここを忘れてないか

  • RYZEN ソフトMicroSD入れるつりなのコスパで考
  • Learn クリスマスいうのイジメじゃないでょうか
  • 衆議院?参議院 今年の参院選公明党の議席現状維持でたか
  • アパガード 雰囲気いい聞き雰囲気だけあんな高いお金払うの
  • パーティション 韓国語で天才型か努力型だかいった言葉でよ
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です